ローン、マネーの悩み相談

ローン、マネーの悩み相談

ローンなど、マネーに関する悩みがあれば、FPなど、マネーの専門家に悩み相談して見るのも1つの方法です。


家計の収支で悩んでいるのでしたら、収入が増えない状況で家計の経費の削減として、保険の見直しをしてみるというのも1つの方法です。


余分な補償は切り捨てて、本当に必要な補償だけを手厚くするという考え方で、節約できる可能性があると思います。

もし自動車保険などもずっとそのまま更新で入っているのならば、ネットを通じて自動車保険の比較などをしてみると、意外なほど安くなるかもしれませんよ。


現代の保険は色々なニーズに適応することを目的にして、保険の種類を多様化しています。


自動車保険程度ならば、ある程度自分で把握出来ると思いますが、生命保険や、医療保険など全てを自身だけで本当に必要なものだけに絞り込んで、余分なものを除くという作業はかなり難しいことではないかと思います。


保険の相談というと、今までは、保険会社の営業マンや窓口しかありませんでした。


しかし最近は、保険ら関して総合的な悩み相談にってくれるSHOPが出来ています。


各社の保険を比較して、自分や自分の家族にあったプランを考えてくれますので、そのようにな保険総合ショップに保険の悩み相談をするといいと思います。


保険と言えば、生命保険が一番翁もので、一家の主が万一の時に備えたものが収容しされていました。


残された家族の生活を支えるため、死亡保険金の額が重要視されることが多かったと思います。


しかし、現在はそうではない傾向にあります。


医療の進歩で、癌のような疾病にかかっても、早期ならば完治したり、また5年生存率なども上がっているという変化があるからです。


つまり死亡に至るよりも、病気になり医療機関にかかる日数や確率、費用などの方が死亡する場合よりも家計を圧迫するリスクがあります。


さらに、最先端の治療法補や薬では、健康保険の利かないものが存在しますから、経済的な理由で最新の治療が受けられないという事態が生じます。


そのため新たな保険の役割として、入院費用や、治療費に備えた医療保険を手厚くすることが重用しされています。


死亡後ではなく、本人や、看護する家族が万一の疾病の時にも、十分や治療や生活ができるような、補償を考えることの方がより現実的な備えとなっていると思います。


さらに細分化された保証も中実区されています。


死亡原因の第一位となっているがんに特化した、がん保険が登場したのもその1つですね。


乳ガンなど特に女性特有のがんを対象とした女性がん保険という保険の特約も出ています。


この女性がん保険は、がんの治療費や入院費用だけでなく、がんになった場合の色々な補償に備えるという、より特定のリスクに手厚く備えておくというものです。


このように、一番怖いリスクに、徹底的に備え、過度に広範囲な補償を減らすことで、保険のリストラができ、家計の月々の負担を減らせる可能性がそこにみえてくるかもしれません。